スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006 in 苗場:感想編

特に印象深かったとこ、ツボったとこなど感想を述べたいと思いま~す。
他のエントリーと若干かぶるところもありますが。

真っ暗な中、メンバーの中の誰かが登場。
誰、誰?と思ったらヤスでした。
手には本を持っていました。
まさか語りから入るとは思いませんでした。
その上1曲目が『五つの鍵の伝説』!!
まあ1曲目がこれってのはネタバレで知っていたのですが、知った時はかなり驚きました。
生で聴くの、最初で最後だろうな~くらいの感じですよね(爆)。

『逃飛行』の前に北山さんの語りがあったのですが、その内容からの流れなのか、ちょっと泣きそうになりました。
この曲自体はそんなに好きではなかったのですが、やっぱり生で聴くと好きになりますね~。

『Body Calling』の後に最初のMCがあり、座って聴いてくださと言って始まったのは『You are my girl』。
座って聴くのもいいかもー♪
そして待ってましたの『旅の途中で』。
ホントにホントに幸せ~♪でした。

そしてヤスがジャケットをバサッとやるとカーテンが落ちて鏡が現れるのと同時に『Reflections』!
衣装チェンジをしたヤス以外のメンバー登場。
うひゃ~~って感じ。カッコ良かったです。

新曲の次に(わたし的に)盛り上がった『まちがいさがし』。
振り付けはカワイイし面白いし、ヤスが『Yes,No,Yes...』の振り付けで歌うし、その後北山さんと片手のハイタッチするし。
これだけでもいいから本気で映像化を願います。
もしくはライブの度に歌ってくれー。

そしてそして、これを聴きに行ったと言っても過言ではない新曲の『一筋の軌跡』。
タイトルだけのイメージでは『Golden Age』系と思ってましたが、全く違いましたね。
すっごいノリノリで盛り上がれる、踊れる曲です。
今までのゴスソングにないタイプかも。
ロック寄りかな。
サビでの一体感はたまらないです。
この曲を次に聴けるのはいつになることやら。

ライブも終わりに近付き、『冬物語』『あたらしい世界』。
『冬物語』では桜の花びらのような紙ふぶきがいっぱい舞っていてとてもキレイでした。
いっぱいお土産として持って帰って来ました。
幻想的な雰囲気に包まれつつも、「これ、この後スタッフさんがせっせと掃除するんだよなー」とか超現実的なことを考えていました(笑)。

アンコール、まずは『待ちきれない』『Winter Cheers!』。
どちらも過去の冬ソング。
2曲とも改めて良い歌だな~と実感しました。
特に『待ちきれない』。
何が違うんだろう。CDで聴くのとはまた違うような、新鮮な気持ちで聴いていました。
『Winter~』は若過ぎる歌を今歌うことにニヤニヤが止まりませんでした。

本当に最後の1曲はわたしがヤンマニに目覚めたきっかけの曲でもある『Moon glows』。
アカペラじゃないのもいいですね~♪
サビの部分から須藤さんが弾いていたコントラバス?ウッドベース?あれの音色がとーっても気に入りました。
ヤスの甘い歌声と共に酔いしれました♪


今回のライブは本っっ当に貴重なライブだったと思います。
何せ8曲も初聴きでしたし(新曲は除く)。
『旅の途中で』は新しい曲でありながらチャンスがなく聴けないままだったし。
心底行って良かったと思えるライブでした。

コメントの投稿

非公開コメント

初めての苗場で大興奮でしたw
セットリスト見るとかなり貴重感あるよね~
ウチも初聴きのが多くて
酒井さんじゃないけど改めて言い曲だな~と
実感しました。
ウチはまだ苗場のネタバレ継続中ですw
いつ終わるんだか・・・
今日、ムラテツ登場編更新しますw

ホントにこれでもかって程のセットリストでしたよね。
わたしはこの後安岡祭り編で終了予定ですが、MC編をどうしようって感じです。(^^;)
放置か?!(笑)
最近の記事
カテゴリー
月別
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。